フェチ映画

 映画の細かい共通点から勝手にジャンルをつくり、フェチ別(趣味趣向別)におすすめの映画を紹介します。

もう一人の自分に恐怖する【ドッペルゲンガー・分身】もの映画

嗤う分身 [Blu-ray]

~ドッペルゲンガー・分身ものとは~

 自分にそっくりなもう一人自分が現れ、その存在におびえたり、苦しめられたり、すべてを奪われそうになったりする映画。

 自我が揺らいでしまうような状況や展開が観る人を恐怖させる。

 ドッペルゲンガーや分身が出てくる映画がたまらなく好きな【ドッペルゲンガー・分身】フェチのために、おすすめの映画を選びました。おすすめの5本と、同じジャンルに属するその他の映画を何本か紹介します。

【ドッペルゲンガー・分身】フェチにおすすめの映画

 ドッペルゲンガーや分身に苦しめられたり、追いつめられたり、存在をおびやかされたりする、そういったフェチズムを刺激してくれる作品ほどフェチズム度のを多くしています。

(※「このブログで言ってるフェチとかフェチズムって何?」と気になる人はこのブログについてで説明しているので暇なら読んでやってください)

f:id:fechi-eiga:20180211121450g:plain

それでは、紹介していきます。

まずは、こちらっ!

1.『ランダム 存在の確率』

2013年 88分
監督:ジェームズ・ウォード・バーキット
出演:エミリー・バルドーニ、モーリー・スターリング、ニコラス・ブレンドン

おすすめ度 ★★★★
フェチズム度★★★★★

どんな映画か一文で

 彗星が地球に大接近する夜、自分たちに瓜二つの人物たちが現れるスリラー。

あらすじ

 彗星が地球に大接近する夜。エムは恋人とともに友人の家で開かれるホームパーティーに参加していた。

 エムたちが道中で体験した不思議なことや彗星に関する奇妙な話で盛り上がっていると突如、停電が起こる。

 どうやらブレーカーが落ちたわけではなく、近隣の家も電気が消えているようす。エムたちは落ち着きを取りもどして近所の家にようすを見に行くのだが、なんと、そこには自分たちと瓜二つの姿をしたものたちが・・・。

おすすめするポイント

 彗星の接近によって起こる奇妙なできごとを描いたワンシチュエーションもの。自分たちと瓜二つな姿を持つ存在は何者なのか!?

 作中にも登場する『シュレディンガーのネコ』などの思考実験が好きな人には特におすすめです。

2.『嗤う分身』

2013年 93分
監督:リチャード・アイオアディ
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、ミア・ワシコウスカ、ウォーレス・ショーン

おすすめ度 ★★★★★
フェチズム度★★★★★

どんな映画か一文で

 自分に瓜二つの分身が現れ、自分がほしがっていたものを奪っていく話。

あらすじ 

 存在感がおどろくほど薄く、会社では上司や同僚にバカにされる男サイモン。彼は同じ会社で働くコピー係のハナに惚れていた。

 ある日、サイモンは向かいのアパートのハナの部屋を望遠鏡でのぞいるとき、人が飛び降り自殺する瞬間を目撃する。そして、そのことがきっかけで二人の仲が深まる

 そんなころ、サイモンと同じ名前で容姿まで瓜二つの男が入社してくる。分身はサイモンがほしかったものを次々と手に入れていく。仕事も、出世も、好きな人も、すべてを分身に奪われたサイモンはやがて・・・。

おすすめするポイント

 自分と何もかも同じ分身にすべてを奪われる絶望感! 存在のすべてを否定されている感覚が味わえます。

 あと、レトロというか100年前の人が考えた未来のような舞台セットだったり、『上を向いて歩こう』など日本の歌謡曲が多用されていたりして雰囲気も素敵です。

3.『複製された男』

2014年 90分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン

おすすめ度 ★★★★
フェチズム度★★★★

どんな映画か一文で

 偶然もう一人の自分を見つけてしまった男の話。

あらすじ

 ある日、大学教授のアダムは映画を観ていると、そこに自分とそっくりな男が出演しているのを発見する。

 おどろいたアダムはエンドクレジットで見た名前をネットで調べ、アンソニーという俳優にたどりつく。アダムはそれだけではとどまらず、アンソニーに会ってみたいと思うようになった。

 アダムは俳優事務所に忍び込んでアンソニーの郵便物を盗み、彼の連絡先を入手する。後日、二人はモーテルの一室で落ち合う。自分に瓜二つな相手を見ておどろく二人。そして、この奇妙な出会いから事態はよからぬ方向へ・・・。

おすすめするポイント

 おそらく最後のシーンを見たとき「!?」となる人が多いと思います。見終わったあとネットで考察などを調べてみるとさらに楽しめるタイプの映画です。

4.『バイロケーション』

2014年 119分
監督:安里麻里
出演:水川あさみ、千賀健永、高田翔

おすすめ度 ★★★
フェチズム度★★★★★

どんな映画か一文で

 自分の命を奪いにくるもう一人の自分たちと戦う話。

あらすじ

 ある日、画家志望の忍はスーパーに買い物に行ったとき偽札使用の疑いをかけられる。心当たりがない忍。けれども防犯カメラに映っているのはあきらかに彼女の姿だった。

 忍はとまどいながらも必死に事情を説明する。すると加納という刑事はすんなり信じてくれた。そして彼は『バイロケーション』というもう一人の自分の存在について語り出す。

 バイロケーションはオリジナルの命を奪おうとする危険な存在だと知った忍は刑事に連れられ、ある集いに参加する。それはバイロケーションに苦しめられている人たちの集会だった。

おすすめするポイント 

 忍たちは命を奪いにくるもう一人の自分『バイロケーション』から逃れることができるのか!? といった内容の映画。とある仕掛けがあるのでそういった部分も楽しめます。

 それと、もう一人の自分にからめたのかエンディングも、もう一つのエンディングが用意されています。

5.『トライアングル』

2009年 99分
監督:クリストファー・スミス
出演:メリッサ・ジョージ、マイケル・ドーマン

おすすめ度 ★★★★
フェチズム度★★★★

どんな映画か一文で

 シングルマザーが船の上で起こる惨劇のループを体験するサスペンスホラー映画。

あらすじ

 シングルマザーのジェスは友人たちに誘われヨットセーリングに参加する。だが、突然の嵐に見舞われセーリング中に難破してしまう。

 そのとき、運良くジェスたちのそばを大型の客船が通りかかった。しかし助けをもとめて船に乗り込んだものの、船内には誰の姿もなかった。

 そこに突然、ずた袋をかぶった殺人鬼が現れ、ジェスの友人たちをひとり、またひとりと殺していく。殺人鬼との格闘の末なんとか生き残ったジェス。だが、彼女は甲板から奇妙な光景を目にするのだった。

 それは難破したヨットからこちらに向かって手を振るジェスたちの姿だった・・・。

おすすめするポイント

 殺人鬼だけでなく自分の分身までも現れるスリラー映画。鑑賞後、考察しているサイトなどを見ればさらに楽しめます。

この映画にふくまれるその他のフェチズム要素
f:id:fechi-eiga:20180211121450g:plain

上のリンク先ページで、この映画と共通点のある作品を紹介しています

その他の【ドッペルゲンガー・分身】もの

 これまでおすすめしてきたものが合わないと思った方は、むしろこっちをチェックしたほうがいいかもしれません。

1.『+1(プラスワン)』

 パーティーで盛り上がる学生たちの前に、数分前の自分たちが現れる奇妙な話。

+1[プラスワン] (Amazonで詳細を見る)

2.『アナザー』(2015年)

 自分にそっくりな女の存在に翻弄され、身に覚えのない殺人事件に巻きこまれていく話。

まとめ

 今回はおすすめを5本紹介+その他2本、合計7本を紹介しました。新たに見つけたり、思い出したりすれば追記していく予定です。

f:id:fechi-eiga:20180211121450g:plain

最後まで見てくれた方、感謝です